プロポリス画像

高麗人参をおいしく飲む飲み方は

高麗人参をおいしく飲もうと思っていてもあの漢方臭さはどうにもなりません。
体に良い成分にあふれたものなので、何とかおいしく出来ないものかと知恵を絞りいろいろ考えてみました。
その飲み方をいくつか紹介しましょう。
高麗人参は加工によって種類が異なります。が、どれも煎じて飲むのが一般的な漢方の飲み方です。
でも、煎じただけでは漢方薬独特の臭いと味でどうしようもありません。
そこで、甘みを加えてみました。
はちみつを加えてみると、ほのかな甘みで幾分は飲みやすくなります。
ここで、レモンも加えてみると、後味が幾分さっぱりとして香りもよくなることに気が付きました。
ここまでするのであれば、生姜も混ぜてみれば味に変化が起きるのではないかと入れてみると、以外にもすんなりと飲め、体もポカポカしてくるのです。
高麗人参の独特な味は、完全に消すことはできませんがこの飲み方であれば、毎日飲んでもいいのかなぐらいには考えられるようになってきました。
他のお茶にブレンドしてもいいのですが、私の好みで言うと、はちみつ、レモン、生姜がベストマッチでした。
生姜は、パウダーでもチューブタイプのものを入れてもいいですが、チューブタイプの生姜は入れすぎると辛くなるので気を付けた方がいいです。
高麗人参のお茶として、ティーパックで販売されている物やエキスを粉末にしてお湯を注ぐだけで飲めるタイプがあります。
粉末で飲めるタイプを試してみると、意外とすんなり飲むことが出来ました。
若干味が渋いかなと言う程度で、ほのかな甘みが感じられます。
でも、テーパックの物よりも人工的な感じがして効き目はあるのかなと疑問に思うかもしれません。
お茶以外何かないかと探すと、サプリメントはもちろん、抽出したエキスのレトルトパック、栄養ドリンク、お酒に漬けたものなど、多くの加工品を探すことが出来ました。
お酒は、よく韓国のお土産に小さな小瓶を貰うことがありますが、お酒が弱いのでただ飾っているだけです。
抽出したエキスは、覚悟して飲まなければとても苦くて飲んだ後大変な事になってしまいます。
薬だと思って一息に飲みましょう。
経験から言うと、漢方薬を煎じて飲む習慣がない人には抽出エキスは向いていないでしょう。
サプリメントは、手軽にいつでも飲むことが出来ます。
ただ、お茶よりも値段は張り毎日飲むことを考えるとちょっと手が出ませんでした。
高麗人参の選び方と効能はこちらをご覧ください。
毎日の健康のためにおいしく飲みましょう。

Copyright(c) 2011 にんじん.com All Rights Reserved.