プロポリス画像

高麗人参の選び方とタイミング

不老長寿の薬といわれる高麗人参に興味がでたのは友人にその効能を聞かされてからでした。
健康食品は普段使わないのですが、どんなものかと試しに高麗人参のサプリメントを購入しました。
親が持病があり、人参はその病気にも良いと聞いたので少し興味がわいたのです。
まずは自分で試して効果があるかどうかを知りたいと思ったのと、私自身も持病があり、体質改善をしたいという目的もありました。
高麗人参自体は土で育つものですので、土くささや漢方独特の味がします。
良質の人参ならば、始めは甘さを感じ、徐々に苦味を感じてきます。
これに高麗人参の栄養素がたっぷり詰まっているといった感じがします。
でもサプリメントなら味はほとんどわかりませんので、のみやすかったです。
購入したお店で聞くと、サプリメントを選ぶ時にはできれば紅参で6年根が原料のものがいいとのことでした。
ちなみに紅参というのは人参を収穫してそのまま洗って蒸して乾かしたものです。
皮もむいてないのでサポニンを始めとする栄養成分がたっぷり含まれています。
そして6年根というのは人参の種が植えられてから6年たったもののことで一番栄養を含んでいる時期の人参です。
人参は早くて4年で収穫できます。
しかし7年目以降になるとだめになりやすく、収穫できるものはほぼありません。
そのため、6年目の人参が一番良いとされています。

また、抽出方法も選ぶ時の大事なポイントです。
抽出方法にはアルコール抽出と水抽出という方法があります。
アルコール抽出は短時間で抽出できるので、短時間でたくさんの商品を作れます。
水抽出は人参の有効成分をごっそりそのまま抽出することができますが、抽出するまでの時間はかかってしまいます。
こうやって比べると、水で抽出されたもののほうが栄養成分がたっぷり入っていて良いとわかります。
ですから、6年根の紅参で水抽出されてできたサプリメントがベストです。
私はまさにその条件がそろったものを買いましたが、お値段も意外に手頃だったので購入しやすかったです。

薬ではないので、飲むタイミングは特に決まっていません。
友人によると、栄養を吸収しやすい食前に飲むことが良いそうです。
だから私も朝起きて、朝食前に飲んでいました。
ただ食前だと胃に負担を感じるという方は食後でも大丈夫ですし、高血圧の人は夕方から夜にかけて飲むほうがよいです。
飲み始めてからは朝の目覚めがきつくなくなりました。
飲むまでは毎朝起きるのが辛くてだるかったのですけど、ぱっと目が覚めて布団の中でごろごろしてる時間も減りました。
体質改善についてはまだはっきりとしたことはわかりませんが、目覚めが良くなったことで少しずつ改善されているのがわかります。
もちろん親にもすぐに教えて定期購入しています。
教えてくれた友人に感謝して、これからも継続して飲み続けるつもりです。
高麗人参の摂取量はサプリメントのメーカーによって違うと思うので、用法用量は守ってください。

Copyright(c) 2011 にんじん.com All Rights Reserved.